場所は東京、怒れる女

小心者の、怒りを綴ります。(メンテ中)

初記事だが、ちょっともう挨拶とかしてらんない。

 

「お前30までには結婚しろよ?」

 

 

瞬間、わたし、長生きしたくないと思った。

 

姉は、あいつもうあと何十年生きるかわからないんだから、優しくしてあげようと言った。

そうか、と思っていたが、やはり撤回する。

許してあげたいと思っていた。でも、全て老いの所為にすることが正しいの?

頭が働かなくなったら人を傷つけてもいいのかよ!

そんなふうになるくらいなら、わたしは呆けるまで生きたいなんて思わない。

人を許すっていうことは、自分のことも許すっていうことだと思う。

自分が相手を許したら、その分自分の行いも許してよって気持ちが絶対生まれる。

 

「結婚しないの?」「自由もいいけど、子供産むのには限界あるからね?」

「あなたが幸せになるところを見たい」「前を向いてほしい」

 

うるせー!

 

今、遙洋子の「結婚しません。」読んでて、怒り再燃してこれ書いてます。

痛快っぽいけど、なんかもういらっいらしてくるの。(阿呆な連中に)

怒りを寝かせておいてあげたほうがいいのか、

ゆり起こして爆発させてあげたほうがいいのか、

今日もわからないまま、白ワイン。

 

父よ。 

わたし、去年恋人が死んだんだよ。あなたはもう忘れたかもしれないけど。

30まで、生きたいとも別に思っていない。

それでも、生きて行く力が残っているうちは、人のために何かしたいと思う。

それが、働いて、働くためにごはんを食べるっていうこと。

 

わたし、絶対許さないからね。あいつも、アイツも。

その気持ちで、泣いてる人たちの為に命削るんだ。

 

こんなかんじだけど、よろしくっす。